レディ

うつ症状の特徴を知ろう

レディ

色々なサインがありそれをチェックする事が大切

うつ病とうつ症状は微妙に異なります。いきなり風邪をひく事がないように、うつ病もまたいきなり発症する事は少なく、先に色々な体調不良が起きますから、自分の体にサインが出ていないかチェックしておきましょう。そのサインを正しく理解しておけば、大事に至る前に体調管理が出来ます。うつ症状の内容には個人差が見られますが、気分が著しく悪くなる点はほぼ全員に見られる症状です。ネガティブな発想が頭から抜けないようになり、いつも自分が失敗する妄想にとらわれてしまったり、他人から言われたごく普通の言葉に深く傷ついたりします。更にイライラやムカムカした感情が執拗に長続きし、自動的に気分が切り替わらない事も多いです。仕事や人間関係で辛い事があればだれでも気分は落ち込みますし、ムカムカしたりイライラした思いが心に浮かび上がります。しかしうつ症状の場合はその気分が継続的に生じてしまい、強い自責の念や何でもかんでも他人のせいにするなど、普段とは明らかに違った心理状態に陥ります。人によっては食欲が極端に落ちます。元々小食な方だったとしても、一応毎日三食食べられている方々がほとんどでしょう。うつ症状に至ると、毎日ごくわずかなお菓子を食べただけでも食欲が満たされてしまいます。また食べ物への関心が著しく減退し、食生活が乱れるのも特徴であり、チェックしなければいけないポイントです。不眠症状が出始めている方も注意しなければいけません。チェックポイントとして夜正しく睡眠が取れているか、という点があります。なかなか夜、寝付けない日々が数か月続けているようであればうつ症状の恐れがあり、睡眠時間が6時間を下回っているようであれば健康にリスクが生じています。他のチェックポイントとしては、趣味への関心の減退が挙げられます。今まで毎日欠かさずに続けて来た趣味について、理由もなく関心を失ってしまう事もまたうつ病のサインです。うつ症状が出始めると、娯楽を楽しむ事に罪悪感が生じたり、趣味にお金や時間を費やす事に虚無感を感じます。自責の念が頭を駆け巡り、極端に節約思考になったり、過去の行いを執拗に後悔し始めているなら、それはうつ症状の明確なサインと考えられます。